FL90s…戻る

FL90sのフード製作をお願いして、先日完成して鏡筒が戻ってきました。

P9200656_R.jpg

FL90sは、お手軽な観望用としてポルタに載せて使うことが多くなる予定です。
9月も残りが少なくなると夜の気温も20℃を切り、半袖では涼しさを感じ、そのおかげで空の透明度もアップしてきています。自宅でも夏よりも星が見やすくなってきたので、FL90sを星雲星団に向けてみました。

hχ二重星団・アンドロメダ銀河・すばる星団・かに星雲・M36・M37・M38・M35・オリオン星雲・はくちょう座β星・アンドロメダ座γ星

40mmのアイピースをつけて見ると、さすがに光害のある空ではバックが白くなってコントラストが弱くなります。20mmのアイピースにすると、バックがしまり、星雲星団がグッと引き立って見えてきました。

P9260465_s_16_l.jpg

自宅の庭でも意外と見える、9cmという小口径でも楽しめる…ことをあらためて認識しました。


コメント

村上英次

こんばんは。
望遠鏡のフードなども作ってくださるところがあるのですね。
色々と誘惑が多いです、、、
それと2枚目の写真など私の住むところとは星の数が違い羨ましいです。

ところで先日COSMO工房さんにお願いしていたマークX用の傾斜台が届きました。
やはり傑作です。
こちらの写真で大体の感じは分かっていましたが、白アルマイトがマークXの他の部分とマッチしてカッコ良いです。
一気にやる気が盛り上がってきました。

村上英次

あっ、それと「おまけ」もありました。
傾斜台には上板も付いていて、他の機材も使えるようになっていました。
使い方、今から考える楽しみも増えました。

bosohoshimisuto

村上様

おぉ、完成しましたか…もともと傾斜台には上板があるんです。当初はその上板にベースモデルを載せる設計をし、製作をしてもらいました。完成品が手元に届き、ベースモデルを載せるときになって、この上板無しの方がいいなぁ~、と思って上板無しで載せています。
マークxベースモデルの傾斜台を作ってもらう前には、ビクセンのポラリエ用に35度傾斜台を作ってもらっています。
私の場合、アルミで作ってもらったものはほとんどアルマイト処理なし…なのです。白アルマイト処理とのベースモデル、見てみたいものです。

村上英次

なるほど、、、上板は阿部さんからの完成メールで初めて知ったのでちょっとお得感がありました。

う〜ん、ひょっとしたら、、、「アルマイト処理なし」かも。
仕上げが綺麗でしたのでそう思ったのかもしれません。
写真はしばらくお待ちください、、、今仕事が忙しくFlickrに写真をアップする元気がありません。

それはそうと、また台風がそちらに向かっているようです。
お気を付けくださいませ。

bosohoshimisuto

村上 様

写真を拝見するのを楽しみにしています。
台風15号とほぼ同じコース予報…本当に困ります。応急処置をしただけですから、同等の台風勢力が来るということは、自宅の屋根、また瓦が飛んで割れて…そしてさらなる被害がでそうな感じです。
そうなるとますます本格的な修理をしてもらうのに時間がかかりそうです。
もう神様にお願いする…。
非公開コメント