カメラ三脚の石突き改造

GITZO G1349 という古いカーボンの三脚の石突き(ゴム)をプチ改造しました。

イメージ 5

このカーボン三脚は2005年頃の発売のようで、ヤフーオークションでジャンク品として手に入れたものです。石突き部はゴム、ゴムもだいぶくたびれてきたのでそれをステンレスの石突きに変えることをしました。
最近の製品は、ゴムの石突き部分がネジ込みとなっていて、取り換えられるようになっているようで、GITZOからも「スパイク・ゴム石突き」として購入ができます。

G1349 は古いんで、ゴム石突きはとれません。

イメージ 1

カーボンパイプを切断して、その内側にアルミ丸棒を加工ねじ切りしたものを入れ込むことで、石突きを交換できるように考え、某工房へお願いしました。

イメージ 2

カーボンパイプの切断は一般的な金ノコギリで簡単に、きれいに切断ができました。切断面が垂直になるようにテープを巻いて、切断はあまり力を入れずに、徐々にパイプを回しながら切断していくと、ヤスリがけする必要も無いくらいきれいな面で切断ができました。

イメージ 3

これが出来上がった部品、そして、新しくする石突きです。ゴム付きにしました。これならば室内に立てることができます。

イメージ 4

その部品をカーボンパイプ内に入れて、あとは接着をすることになります。接着剤は、エポキシ系の接着剤が一番強力かなぁ…と思っています。

GITZO のシステマチック三脚の3型、アルミが1本、カーボンが1本とあと2本あるのですが、どれも古いんで、この方式で石突きを変えようかと思っています。



コメント

非公開コメント

プロフィール

bosohoshimisuto

FC2ブログへようこそ!