月面…「グー」があった?!

昨日は夕食後に月の撮影を始めました。
3月も半ばとなり、日中の気温があがり、スッカリ春という陽気になりました。こうなってくると大気も落ち着き、月や惑星の撮影シーズンとなります。

望遠鏡を月に向け、EOS60Dのライブビューを見ながらピントを合わせます。適当なクレーターや山脈などを使って合わせるわけですが、昨日はピントを合わせていくと、何とグーチョキバーの「グー」があらわれたのには驚きました。

イメージ 1
  2019/03/12 18:42  FS128 + Teleplus1.5x + EOS60D(ISO200)
                     1/30秒露出 Raw1枚 トリミングあり

テオフィルスというクレーターの中央にある山が「グー」の形に見えていたわけです。
ネットでこのクレーターの画像検索をすると、「グー」に見える画像がいくつか見つかりましたが、だれも「グー」という形に見えるということには触れていないようです。
クレーター中央の山に対して、太陽光線の当たり具合がちょうどよいタイミングに望遠鏡を向けたようで、本当にラッキーなショットになりました。

イメージ 2

先月の新聞だったか…月面にLOVEの文字という記事がありましたが、「チョキ」「パー」もきっとどこかにあるんでしょう…。


コメント

keroro

No title
本当だー!グーに見えますね。
今までは月面Xの投稿を良く見かけましたが、これからは月面グーが話題になるかも知れないですね♪

珍しい月の画像有り難うございます。

☆シュミット☆

No title
確かにグーに見えますね❗私も同じ頃8センチの屈折直焦で撮ったので写っているかと確認したら良く分かりませんでした。やはりFS128にテレプラス1.5倍の解像度は素晴らしいです。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> keroroさん
本当にいいタイミングで望遠鏡を月に向けた…「グー」の形、次回も見えるかなぁ?
太陽の光の当たり具合で、月面上にはいろいろな形に見える時間帯があるんですよね。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> ☆シュミット☆さん
ちょうどこの時間帯に望遠鏡を向けた…ってことを考えると、いろいろな偶然が重なった結果なんで、本当におもしろいことです。
非公開コメント