CP+2018、行ってきました

ここ何年か連続でCP+へ足を運んでいます。いつもはお昼までくらいしかいられないのですが、今年はちょっとゆっくり(?)とできました。
開場の30分前に、いつもの行列へ…。まぁ、これはお客さんがあまりいないうちに…。

イメージ 1

開場し、一番に向かったのはここ、「BORG」のブースです。中川さんに会うため、お客さんの少ないうちにお話を…と、いうことだったのですが、何と最終日の出勤は午後からということでした。
おぉ~?!
あちらこちらと見たり触ったり、そして質問したりしているうちにお昼をまわってしまい、とりあえずもう一度BORGのブースへ行ってみると、もう出ていました、中川さん。
おぉ、よかった!!
と、いうことでいろいろと積もるお話をしてきました。
BORGで目を引いたのは、フジの中判センターカメラ用を開発しているものでした。GFX50Sは、約70万円する中判デジカメです。昨年の2月末に発売をされたのですが、星を撮った画像を見たことがない…はやくBORGで撮った画像を見たいですよ、と、中川さんにお願いしておきました。まぁおいそれとは手が出せないお値段ですが、どんな写りをするのか、興味津々です。

イメージ 2

BORGの背中をはさんでのブースは、Vixenさんでした。FL55SSという鏡筒にちょっと目がとまりました。フラットナーやレデューサーも用意されていて、BORGのあれを意識している(?)んでしょうかね。
火星大接近をターゲットにした接眼レンズ、HRシリーズ、1.6mmとはスゴイ短焦点で、驚きました。惑星専用ですからいんでしょうが、ちょっと覗きにくい感じがしました。

イメージ 3

イメージ 4

望遠鏡メーカーは、「火星大接近」ということを大きくアピールしていました。火星は7月末に地球へ最接近をしますが、ちょうとその頃は、金星・木星・土星と惑星が見やすい状態、そして皆既月食もあります。テレビなどマスコミが大きく取りあげるようになると、望遠鏡業界へも潤いがくるでしょう。

イメージ 5

今回、見たかった触りたかったものは、フジのボディーにイオスレンズをつけるマウントアダプターです。電気接点を持ったマウントアダプターがようやく試作さ、発売もされたこと(日本では未発売)を知り、実際に触ってみたかったわけです。
お金のない私には、キヤノン・オリンパス・フジと3種類のボディーを使っていて、それぞれのレンズをそろえるにはいきません。キヤノン(用)のレンズが使えれば…と思って待っていたマウントアダプターです。
Fringer EF-FX と KIPON EF-FX AF と、2社から期待のアダプターが出ていました。4月くらいに発売となるようです。

それにしても、キヤノンやニコン、ソニーなどはアリが群がっているような状態、とても近づけません。ソニーのαシリーズには興味があり、いつかは手に入れて撮ってみたいカメラです。こちらはすでにイオスレンズをつけるアダプターがありますので、便利です。

やっぱり現物を見るということはいろいろと勉強になりますね。


コメント

マサ

No title
「CP+2018」、とても賑わっていましたね。僕は、開催2日目の3/2に行きました。毎年、行ってますので、だいたい雰囲気等は変わりません。大手では、カシオさんのブースが出ていませんでした。新製品等は、各社が性能を競っていますが、「決め手」がなく、ただ、どれもスゴいと言う印象でした。カメラ好きなので、次回も必ず行くと思います。マサでした。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> マサさん
田舎に住んでいる者としては、年に1回はこういうイベントへ行って、最新の物を見たり触れたりして、刺激を受けないといけませんからね。
「日本カメラショー」という名称を知っているということは、私と同年代(?)でしょうか…。そんな名称時代にも足を運んでいました。
そういえば「望遠鏡双眼鏡展」なんていうのもありましたね。

ねお丸

No title
こんばんは~。
CP+お疲れ様でした。
結構遅くまでいたんですね。
自分は昼過ぎに入りましたから、どこかでニアミスしてそうですね。

今年は火星大接近と忘れていて、各メーカーのブースを見て思い出しました(笑)。
大きな天文現象がある時は掻き入れ時ですね。
火星接近までは長焦点鏡が人気になりそうですね。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> ねお丸さん
会場を去ったのは午後2時前後でしたから、どっかで接近してたかもしれませんね。久しぶりにゆっくり見てました。
火星接近、どれだけ盛り上がるか?楽しみです。

光画魂

No title
いいですね、私は横浜になってから行かなくなりました。
直線距離は近いんですけど、JRでの移動時間がかかりすぎるもので・・・。 最近は行かなくてもネットで情報がすぐにアップされ、ますから(SIGMA山木社長のプレゼンもYoutubeでみました)。

話は変わりますが、
1.ところでBORGの後継ぎは大丈夫でしょうか?
2.館山の本屋さんで久しぶりに&ウさんに会いました。
3、連絡はしていませんが、南総文化ホールの写真展示会無事終了しました。

健康が一番ですね。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> 光画魂さん
車では1時間半もあれば着いてしまいます。もちろん交通費がかかりますが、近いものです。

そうですね、彼もあと数年で60歳ですから…数年前にそんなことも話した覚えがあります。まぁ、彼のことですから段取りをしているでしょう。
最後にあったのは…いつかなぁ~?ウ木さん、仕事は今どこ?お元気そうでしたか、館山の花火大会、毎年撮ってるのかな?!
おぉ、あちらこちらで写真展をやっているんですね。1月末のパールムーン、館山から撮れたようですね。いつか、チャンスがあったら撮ってみたいです。

何は無くてもやっぱりそうですよね、健康一番!!ワンちゃんが来てから、朝6時から散歩、夕方5時から散歩、という毎日です。

光画魂

No title
ウ木さんは餅つき以来会ってないですね、どうしているやら。
&ウさんは病気療養リハビリ後の元気な姿で天文雑誌を立ち読みしながら話をしていました(健康に要注意を再度実感)。
写真展は地元カメラ同好会(2番目の年下)に絡んで出展しています。
通常の風景・スナップ写真ですから(ここ最近は星景写真を含んだ天体写真はほとんど撮っていません・・・)。
夕日の撮影でパールムーンを撮影しに行った人に聞いたら、遠くから来て撮影場所を失敗してがっかりだったとのことでした。 個人的には根性無しなので、天候・撮影場所の関係で成功率が低く、冬の時期のこの時間帯の撮影は寒くてあまりやりたくないです・・・。

ちなみに、
通常は、D7100+SIGMA18~300mm
気張ると、D800+24~120mm
花・紅葉は、K3Ⅱ+SIGMA50~150mm
お手軽は、MFT2台+単焦点3本とズーム2本での組み合わせ
お酒が入ると。G7XⅡ

こんなもんですかね。

南房総の星見人(ホシミスト)

No title
> 光画魂さん
パールムーン、なるほど…。場所、天気など制約が多い現象ですからパッと行ってパッと撮れるものじゃない。失敗も多いでしょうから。
歳をとり、だんだん大きな重い機材を出すのが面倒となってきています。「お手軽」「お気軽」となっています。
非公開コメント

プロフィール

bosohoshimisuto

FC2ブログへようこそ!