無改造機(X-M1)で撮る赤い星雲…M8/M20付近、その他

7月28日にようやく梅雨明けした関東地方、その夜はまずまず星空が広がりました。BORG55FLと無改造機X-M1、そして骨董品のスカイメモQを持っていつものダムへ行きました。
イメージ 2
  M8/M20の東側周辺
      2016年07月28日 21:40-  
    BORG55FL+DGQ55(78800)+FujiX-M-1(ISO2500) 120秒露出 6枚(JPG  ダーク減算なし)コンポジット 
        ケンコースカイメモQ 鴨川市保台ダムにて 
M8(干潟星雲)/M20(三裂星雲)を画面中心から右斜め上にし、球状星団M28まで入る構図にしました。干潟星雲の西側(左)にある天の川の濃い部分が中央にきています。
BORG55FLで何ヵ所か天の川の濃い部分に向けて撮ってみようと思っています。

イメージ 3
  網状星雲
    2016年07月28日 22:04-  
    BORG55FL+DGQ55(78800)+FujiX-M-1(ISO2500) 120秒露出 20枚(JPG  ダーク減算なし)コンポジット 
        ケンコースカイメモQ 鴨川市保台ダムにて
はくちょう座にある有名な星雲です。BORG55FLでは若干焦点距離が不足な感じですが、お手軽に全体像をおさめることができます。無改造機X-M1では少々難しい対象でしょうか?!次回は光害カットフィルターを使って撮ってみようと感がています。

イメージ 1
 北アメリカ星雲
    2016年07月28日 23:07-  
    BORG55FL+DGQ55(78800)+FujiX-M-1(ISO2500) 120秒露出 24枚(JPG  ダーク減算なし)コンポジット 
        ケンコースカイメモQ 鴨川市保台ダムにて 
はくちょう座デネブのそばにある星雲です。BORG55FLだとデネブと一緒におさまる画角で、こちらもお手軽に撮影ができます。デネブが少しにじんでいるのは、薄雲が通過したコマがあるためです。

撮影には、骨董品のスカイメモQによる完全ノータッチガイドです。もう少し露出時間をのばせそうな気がします。


コメント

非公開コメント

プロフィール

bosohoshimisuto

FC2ブログへようこそ!